子ども健康・体力向上ポータルサイトきっずーTOP体力測定について

体力測定について

子ども体力測定 (基本8種目)

25m 往復走

ゴール直前の失速を防ぐため、スタート位置よりも1m手前にゴール位置を設置します。必ずスタート位置まで駆け抜けるように声をかけます。

両足連続跳び越し

両足を揃えて、区切られた枠内入るよう跳び越す秒数を測ります。(3歳以下は枠内で2度ジャンプも可)50cm間隔5m、10個を跳び越します。

鉄棒ぶら下がり

足が地面から離れている状態で鉄棒にぶら下がり、何秒間捕まっていられるかを測ります。腕・肩・脇の強さを測る種目です。

ボール投げ

テニスボールをどれくらい遠くに投げることができるか測ります。タイミングの良さや上半身の力強さを測る種目です。

連続折り返し走

素早く離れた位置にあるコーンをタッチし、スタートラインに戻ります。これを3メートル、5メートル、10メートルの順に往復しタイムを計測します。足の速さや瞬発力を測る種目です。

反復横とび

1メートル間隔に引いた三本のラインの上で素早く往復ステップする敏捷性を測る種目です。

立ち幅とび

両足で同時に踏み切って、前方に跳んだ距離を測ります。踏切線に合わせて両足を軽く開いて立った状態からスタートします。下半身を使って跳ぶ力を測る種目です。

ハンドボール投げ

小学生はハンドボール(0号球)をどれくらい遠くに投げることができるか測ります。タイミングの良さや上半身の力強さを測る種目です。

技能測定(サッカー・縄跳び)

リフティング

ボールリフティングの連続回数を測ります。制限時間内であれば何度でもトライでき、最高連続回数を記録します。インステップ、太ももなど部位は自由とします。

縄跳び

30秒間で縄を跳んだ回数を測ります。両足跳びで1カウントとし、途中縄に引っかかるなどのミスがあっても測定を続行します。下半身を使って跳ぶ力と持久力を測る種目です。